看護師 夜勤アルバイト

看護師の収入について

現在の日本の医療の現場では、看護師は常に不足している状態となっており、ほぼ全ての医療機関で看護師の募集が行われています。

 

しかし、看護師の資格を取得している人の数は多く、看護師として働く事が出来る人は決して少なくないのが現実となっています。

 

看護師の資格を取得していながら看護師として働いていない人は、なぜ看護師として働く事を辞めているのでしょうか?

 

それは看護師の仕事が想像以上の重労働だからです。

 

肉体的・精神的に過酷な労働だったとしても、高収入を得られるのであれば働き続けるのですが、看護師は収入の上限が勤めている病院によって早期の段階で決まってしまう職業なのです。

 

辞めた看護師の多くは、また看護師として復帰する

かつては看護師として働いていた人が、収入面や諸々の理由で現在は看護の仕事を辞めていたとします。
こういった元看護師達の多くは、最終的には看護の仕事へと舞い戻って来る事が多いです。

 

それは、やはり看護師の仕事の方がやりがいを多く感じる事が出来、さらには自分にとって“慣れた仕事”であるからです。

 

そういった看護師として復帰したい元看護師のサポートを行っているのが看護師専門の転職サイトで、多くの人が活用しています。