看護師 平均年収

看護師の年収はどれくらい?

看護師平均年収はどれくらい?

看護師は年収が高めのイメージがありますが、仕事内容からすると安いくらいだと思います。病院で夜勤も行っている看護師は、年収500万程度の方も多いですが、夜勤をしていない看護師は年収350〜400万程度が平均年収となっています。看護師の夜勤に関しては変動給ですので、想定年収に組み込んで考えると、年々ばらつきが出てしまいます。つまり、看護師の平均年収は400万前後と考えればいいのかと思います。

平均年収はあってないようなもの

平均年収は400万前後と記載しましたが、看護師の場合変動給にあたる夜勤手当や残業手当などの金額が大きいため、平均年収はあってないようなものです。夜勤をどれだけ行うかによって年収が100万くらいであればすぐに変わってしまいます。残業代に関しても、きちんとカウントを取ってくれる病院であれば、それなりの残業代になります。
看護師はある意味やったらやった分だけ給与をもらえる仕事です。ただし、看護師はそうなっていないと思っている方が多いと思います。夜勤の回数などは、看護師が頑張ってやったものではなく、ただ単に人員不足で多くなっただけとも考えられます。それよりも、仕事の内容を評価して給与に反映されるものがないと、気持ち的に満足感は得られません。
看護師は稼ぐことはできる仕事ですが、不透明な部分も多い仕事であるため、一概に高収入の仕事とは言えないのです。