看護師 夜勤専従

夜勤専従は稼げるの?

高収入を目指すのであれば夜勤専従

看護師の働き方として一般的なのは、シフト制の交替勤務です。そして日勤のみの正社員としてのお仕事です。これは病院でも特例で認められることがありますが、基本的にはクリニックやデイサービスなど、入院がないところでの働き方です。
そして、夜勤専従というものが近年注目を集めるようになったのですが、この夜勤専従はパート扱いしかありませんでした。つまり、パートで1回いくらという計算の元で勤務をしていましたので、夜勤1回の給与額は高いのですが、月給でみた場合にそれほど高収入ではなかったのです。

夜勤専従の正社員で月収40万?

近年、夜勤専従の正社員というものが出てきています。夜勤専従の正社員というのは、通常の正社員と同じように固定給があり、そこに夜勤手当が回数分つくというものです。固定給が27万だとすると、夜勤手当1回13,000円、月10回夜勤で40万という計算になるのです。
この働き方は、夜勤が好きな人であれば非常に効率的で、楽なシフトです。さらに高収入となると希望者が多くなってくるのも頷けますよね。その結果、既存のシフト制で勤務している看護師から不平不満も出たんだと思います。最近では、夜勤専従の正社員は基本給がカットになるとか、賞与の査定金額が下がるとか、何かと制限をつけている病院が増えています。確かに交替勤務の方が、生活のバランスが難しく大変なのに給与が安いと不満も出ますよね。