看護師 夜勤アルバイト

看護師は常勤でなければならない?

看護師といえば常勤?

 

看護師の仕事といえば、常勤でなければならないと勘違いしている方は多いことでしょう。
確かに人材不足である医療現場の現状を見れば、常勤で働いてもらえる人材の方がありがたいと思われるのは確かです。

 

しかしながら、看護師として仕事をしていくのに、絶対に常勤でなければならないという訳ではありません。
以前までは、そういった暗黙の了解のようなものがありました。
ただ、その結果、現在の医療従事者の人材不足という結果を招いてしまったのです。

 

以前と比較すると、夜勤専従者や、日勤専従者などの新しい枠を設けて、労働環境の改善が除々になされてきつつあります。

 

自身の都合に合わせた働き方を

 

常勤のメリットは、やはり準夜勤や深夜勤までをもこなすために、給与面が高いこと。
他にもある程度に長い時間勤務をするため、引き継ぎなどの手間がなく、業務にスムーズに入りやすいということも挙げられます。

 

一昔前のように常勤じゃなければダメといったような暗黙の了解は薄れてきましたから、自分の事情に合わせた働き方を選択出来るようになりました。
常勤のみならず、日勤専従だったり、夜勤のみ。
その他にも転職エージェントなどを利用すれば、様々な働き方をチョイス出来る時代なのです。